cms導入のポイント

cmsがあれば、専門的な知識がなくてもホームページがつくれます。ただしcms導入にあたりいくつかのポイントはありますので、それは押さえておきたいところです。cms導入で重要となるのは、どんな目的でホームページを作るか?です。

単純に会社やショップの宣伝をしたい、売上を増やしたい、企業やショップの宣伝だけでなく、人材も募集したいなど目的はいろいろあります。目的により、ホームページのデザインや構成もことなるので、最初に大まかな枠組みや方向性を決めておきます。ホームページは完成したらそこで終わりではありません。どんなに凝ったデザインでも、まったく更新されないサイトは、1度見たら2回目は見たいと思えないので、それっきりになってしまいます。リピーターを増やすには、こまめに更新する必要があります。

商品紹介のページでも、いつも同じではなく、季節ごとにアピールの仕方を変えるとか、デザインを季節に合わせて変えるなど工夫をする、新商品は目立つところに紹介するなど、工夫があればリピーターも増えます。ただし無駄に更新してもあまり意味がないので、更新の仕方や頻度にも注意が必要です。イベントを開催するような場合は、イベントギリギリよりも早めに告知するなど、タイミングも考えておきます。

cmsの使い方

cmsは種類がありますが、無料のものもあれば、有料のものまで選択肢があります。簡単なホームページなら無料ソフトでも作成できますが、こだわりのあるホームページにしたい場合は、利用できる機能に限界があるので、有料のcmsサービスの方がいいかもしれません。どのソフトを選ぶかは、機能や価格など目的に合わせて選べます。

cmsを使えばすべてソフトが自動で行ってくれるので、ホームページ制作に必要な専門的な知識がなくても大丈夫です。ただし編集したり更新したり、サーバーにアップロードするというインターネットの最低限の知識は必要です。とは言っても、普通にネットが使える程度の知識があれば問題なく使えるでしょう。ホームページを公開し管理していく上で重要となるのが、セキュリティ対策です。cmsはセキュリティ対策も考えて作っているものもあるので、選ぶ時にはセキュリティ対策が可能なものを選べば安心です。

会社やショップのホームページを作るにあたり、制作担当者と全てを管理する人が違う場合、管理者に確認してもらってから公開となります。cmsには利用者の権限を設定できる機能もあるので、こういった機能を活用すれば、製作者と管理者のやり取りもスムーズです。